スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBR1000RR フォーク延長キット 組み込み手順 HRCフォークスプリング セッティング CB750F・CB1100F

今回は、取り付ける車両がCB750Fで、CBR1000RR用フロントフォークに60mm延長とHRC1kgスプリングの組み込みをご紹介いたします。

027.jpg
フォークからキャップを外した状態です。
最初に減衰調整のダイヤルを全締めで、作業を開始してください。
白のスプリングカラーを専用治具などで、圧縮します。


028.jpg
次にインナーロッドとキャップのロックナットを緩めます。

033.jpg
キャップを外した状態です。
インナーロッドは、外すと下がってしまうので、画像には写っていませんが、フォーくの中にあります。



034.jpg
コンプレッションを緩めて治具からスプリングカラーとフォークスプリングを外します。



023.jpg
外したインナーロッド先端に、延長インナーテーパーロッドを圧入します。

038.jpg

今回、交換する左側HRCのスプリングです。
037.jpg
ツルツルのピカピカです。
レートはスプリンング端面に刻印してあります。
HRCの1Kgフォークスプリングです。

040.jpg
スプリングを外したらインナーロッドも延長します。
ロックナットで、固定します。


041.jpg
インナーロッドを固定したら、延長スプリングカラーと純正スプリングカラーをスプリング上にセットします。


042.jpg
043.jpg
次に、延長本体に付属のOリングをセットしてフォークに組み付けます。


045.jpg
スプリングカアラーを治具で圧縮して、インナーロッドが出てきたらロックナット下で、差し止めます。


046.jpg
次に、延長したインナーロッド付キャップを差し込みます。


047.jpg
くるくる回して、減衰ロッドが底に付くと、ピタっと止まります。
この時に、絶対締めこまないでください。

049.jpg
減衰ロッドが底に付く前に、ロックナットに当たった場合は、ロックナットを少し下に降ろして、再度
くるくる回して、減衰ロッドが底に付くと、ピタっと止まる状態にします。
キャップ側のスパナ口とロックナットで固定します。

ここで、減衰調整の回転数(位置)を確認します。

今回は外す前の値で、4回転半でしたので、再度確認しました。

同じく4回転半でした。

ここで違った場合は、インナーロッドとキャップを再度緩めて、(フォークキャップ)の減衰ロッドをプラス回転もしくはマイナス回転して、必要な回転数に合わせてください。


026.jpg
片側60mm延長したものです。

圧入や専用工具など組み込みに不安な方は、こちらへご相談下さい。

お問合せ:info@winnning-run.con

TEL:054-645-1248  FAX:054-645-1269


(株)ウイニングラン


スポンサーサイト
プロフィール

レッドモート

Author:レッドモート
静岡県藤枝市のバイクのチューニングショップ、ウイニングランです。フロントフォーク延長キット・オーダーでステアリングステム製作・高性能チタンマフラーの製造、など、お気軽にお問い合わせ下さい。 426-0036 静岡県藤枝市上青島471-6 (株)ウイニングラン TEL:054-645-1248  FAX:054-645-1269 info@winning-run.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。